どんなお歳暮を頂いたか、リストにしてますか?

お歳暮を贈るときのマナーには気をつけているつもりでも、もらう側のマナーはあまり語られません。

 

仕事の関係先や親せきなどからいただくお歳暮。毎年同じものをもらうという人もいれば、その都度違うものをもらうという方もいるでしょう。もし、後者の場合は忘れずに残しておきたいのが頂いた品物のリストです。

 

いつ誰にどんなものを頂いたのか。頂いたときは覚えていても、一度に多くもらうと誰からのお歳暮だったのかわからなくなります。これでは、次に会った時に感想をお伝えすることもできません。

 

反対に、贈り物の内容をきちんと覚えていて「美味しい」「役に立つ」など一言あれば、贈る側はとても嬉しいですし、あなたへの信頼感も増します。スマホで写真に残しておくと簡単な上に間違いがありません。

 

一度試してみてはいかがでしょうか。

お歳暮選びは毎年大変ですよね。

お歳暮は何を贈って良いのか迷いますよね。かなり上の上司には毎回カニ缶を贈っていたのですが、よく考えたら普通のカニを日常的に食べているでしょうし、カニ缶を贈られても喜ばないということに気が付きました。

 

そこから毎年毎年デパートのお歳暮センターで迷っています。

 

やはりお歳暮で無難なのはカタログギフトでしょう。しかし、ある程度上の上司の場合、カタログギフトに載っているような商品では満足しなさそうです。

 

かなりお金もちですしね。かと言って食べ物は好き嫌いがありますし、日常使う消耗品もこだわりがあるかも知れません。そう考えると何もかも駄目に思えてきてしまいます。

 

皆さんはいったい何を贈っているのでしょうか?機会があったらたくさんの人に聞いてみたいです。